Skip to content

春の自然探索「山菜編」

2010年4月25日

4月半ばになっても寒い日が多い。寒さが残る軽井沢だが、春はところどころにやって来てる。先日、その春を探しに子供達と山に入ってみた。さてどんな春が見つかったのだろうか。

「あった!」。
「こっちにも!」。
「おおっー!」(私)。

子供達が大声をあげるのも無理もない。溶けかけた雪の下から出てきたのは、春の味覚“ふきのとう”である。ふきのとうは、てんぷらであげてもよし、フキ味噌にしてもよし、ご飯にお酒にお父さんの最高の友である。だからこっちも声をあげずにはいられない。

*

*

ふきのとうは都会の子供達にも大人気だ。彼らと「山菜ハンター」を結成し、山のある秘密の場所に行く。そこは“ふきのとうの里”と呼ばれるのに相応しく、あたり一面ふきのとうがゴロゴロしている。

そこに着くと、みな我先にふきのとうを取り始める。そしてしばらく経つと、必ずと言って奪い合いになる。恐るべしふきのとう。今年は、是が非でも“たけのこの里”を見つけたい! チョコではありませんよー。

ふきのとうも取り尽くし、山から降りる際、よくたんぽぽを摘んで帰る。意外や意外、たんぽぽを食べられることを知っている子供の少ないこと。お浸しにすると美味しいのになぁ。ちなみにつくしも食べられる。

もう少しすると、我が家の庭にも“ウド”や“たらの芽”が生えてくる。これも待ち遠しい春の味覚である。このふたつは油炒めや味噌汁に入れると、これまた最高の友になる。まだかまだかと、みんなで唸っている(私だけ?)。

春は、ふきのとう、うど、たらの芽、たけのこを求めて山菜取りに。
夏は、野いちご、桑の実を求めて果物狩りに。
秋は、栗、どんぐりを求めて木の実拾いやキノコ狩りに。
これが山のご馳走スタイルなのだ。

広告
One Comment leave one →
  1. holy permalink
    2010年5月5日 21:45

    「○○狩り」は、大人も子供も狩猟本能を刺激されるのか、
    夢中になりますよね。
    子供の「生きる力」を育むには、
    本能に訴えかけるのが一番だな、
    と私も考えた今日この頃でした。

    明日は私も秘密の場所にハンティングに行こうかな!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。